著作・調査研究・報告書

  • 報告書地図からみた年表 沖縄県史ビジュアル版 古琉球① 古地図にみる琉球

  • 報告書概観年表 コンバージョン・レノベーション

  • 報告書行政課題研修・都市モノレールの利用促進3

  • 報告書行政課題研修・都市モノレールの利用促進2

  • 報告書行政課題研修・都市モノレールの利用促進1

  • 著作熱帯・亜熱帯への視線〜回帰線のあたりから〜

    〈東南アジアの諸都市を旅したときの衝撃はそう大きくはない。気候、風土、生活慣習など、類似文化圏へのタイムスリップ的な訪問は、郷愁と語らいの連続、かつての原風景に出会うこともしばし、今をときめく「癒し」の環境への帰宅とも言えなくもなく、ふるさとと自分を再発見する絶好の機会でもある〉東南アジアを経て沖縄のまち作りを考える一冊。 ●目次 プロローグ パート1 熱帯亜熱帯都市への視線 東南アジア北限の都市・沖縄/食在台湾(タイペイ 台湾1)/中山路から敦化路へ(タイペイ 台湾2)/市…

    続きを読む

    熱帯・亜熱帯への視線〜回帰線のあたりから〜

  • 調査研究山形市 日本一の芋煮会・馬見ヶ崎河川敷にて

                    芋煮会は、採れたてのサトイモをメインにコンニャクや牛肉を加えて醤油味で整えて煮込み、 河川敷で座を広げて楽しむというものだ。 芋煮のシーズンは、8月末から9月にかけてだそうで、 夏の終わりを感じるとともに秋の始まりを告げる風物詩だそうだ。 海が川に、砂浜が河原に、河川敷にと、 場所は違えど、沖縄風にいえばビーチパ…

    続きを読む

    山形市 日本一の芋煮会・馬見ヶ崎河川敷にて

  • 調査研究新庄市 駅構内と周辺を早朝の散歩

                    新庄でのこと。この旅では、新庄は交通の結節点として利用することになった。 JRの陸羽西線「奥の細道・最上川ライン」、 そして陸羽東線「奥の細道・湯けむりライン」の東西への乗り継ぎとして、短時間の滞在となってしまった。 出発までの40分ほど、駅構内と駅周辺をグルッと回ったに過ぎない。 ガイドブックで気になる食堂やそば屋をチ…

    続きを読む

    新庄市 駅構内と周辺を早朝の散歩

  • 調査研究「伝国の杜」置賜文化ホール・上杉博物館

                    ガイドブックを見ると、 山形の県名は、「やまあがた=山のある地方」と呼ばれていたことが由来とされている。とあった。 テレビの天気予報では山形県内の予報範囲は4箇所に区分されていることにも気づいた。 大きな括りとして、北の日本海側から内陸部の南にかけての地方名、エリア区分は、 「庄内」、「最上」、「村上」、「置賜」とな…

    続きを読む

    「伝国の杜」置賜文化ホール・上杉博物館

  • 調査研究花の散歩道中央通り・昭和ミニ資料館から次なるステップへ

                    花の散歩道中央通りは、元々の名称は「高畠中央通り」である。 その名残は通りの街路灯、街路柱にも刻印され、通りの名称だったことがわかる。 町営バスも通るメインストリートで、一応、地元では「商店街」である。 店舗数がまばらなので都市の規模からは理解しがたいのだが、中心市街地なのだ。 資料から中央通りの取り組みを整理してみ…

    続きを読む

    花の散歩道中央通り・昭和ミニ資料館から次なるステップへ