著作・調査研究・報告書

  • 調査研究花の散歩道中央通り・昭和ミニ資料館

                    昭和ミニ資料館の案内資料、案内マップは実にコンパクトである。 通り沿いにある資料館のみを掲載、一番館から弐拾番館までを抜粋して配置、紹介したものである。 地図は直線的で、通りはまっすぐに伸び整然と資料館が立地、配置されているように見える。 現実の通り、配置を見るまでは、通りの延長は2~3百メートル程度だと想像していた…

    続きを読む

    花の散歩道中央通り・昭和ミニ資料館

  • 調査研究よねおりかんこうセンター・地産館

                    この施設は、いわゆる「道の駅」である。 高畠町をメインに周辺のまちの特産品を展示即売している。 団体観光客用の大規模レストランで昼食のための立ち寄りでもある。 山形のブランド牛・米沢牛の看板もでている。食事メニューが期待される。 メインの入り口をはさんでフルーツショップとラーメン・フードコーナーが正面を飾る。 「く…

    続きを読む

    よねおりかんこうセンター・地産館

  • 調査研究長井ダム建設事業

                    ダムや工事の概要等については長井ダムガイドに詳しく紹介、説明があるので参照していただこう。 長井ダムホームページ 工事の様子を間近で見下ろした状況写真だが、まるでミニチュアの模型がセットされているようだ。 巨大重機のはずが・・・、おもちゃのような動きが・・・、不思議な光景であった。 これは、まるで小人の国だ。いや、逆…

    続きを読む

    長井ダム建設事業

  • 調査研究西公園・山形地区地球温暖化対策緑地

                    通常の、一般的にイメージされる都市公園整備事業にあって、 特異な部分、注目されるのは芋煮広場と足湯スペースである。 芋煮用の「炉」、石を寄せ集めた「竈」は火を使用する施設で、足湯は地熱、熱湯、温泉を利用した施設である。 いづれも管理する側、特に自治体からは「火」や「熱」は「危険因子」として公共施設にはなかなか採用さ…

    続きを読む

    西公園・山形地区地球温暖化対策緑地

  • 調査研究千葉ポートタワーから市街中心部遠望

                    今回の旅で訪れた佐原市、そして千葉市も初対面の町である。 確か、15、~6年ほど前、東京ディズニーランドに入場したことがあるので、 千葉県内では浦安市までにとどまっていた。当時の滞在も時間的には半日程度のものだ。 今回も時間で伝えられる内容で、佐原で一泊したものの実質は約8時間程度、 千葉市内も中心部のみを車窓から3時間…

    続きを読む

    千葉ポートタワーから市街中心部遠望

  • 調査研究佐原市 水郷の商都・小野川沿岸の重要伝統的建造物群保存地区

                    利根川水系の支流として佐原市の中心部を小野川が流れている。 いや、本来は逆で「小野川沿いに市街化した結果、中心部に位置することとなる」が正しいだろう。 利根川水運の窓口、出入り口として栄え、佐原は往時の繁栄を町並みに残したのである。 写真の土蔵は左が醤油屋の老舗・正上(店舗は天保3年・1832年)の蔵で、明治初期の建築。 …

    続きを読む

    佐原市 水郷の商都・小野川沿岸の重要伝統的建造物群保存地区

  • 調査研究佐原市 小野川めぐり観光舟

                    佐原の風景で印象的なのは川めぐりの小舟であろう。 清流でもなく、川全体が自然的要素に包まれているわけでもない。 まぁ、石積み護岸と枝垂れ柳の趣は評価しても、川だけでは普通なのである。 川沿いを歩いても取分けて特徴もなく、特にとりえもない、ごく一般的といえる市街地の河川である。 そんな小野川を効果的に惹きたてているのは歴史…

    続きを読む

    佐原市 小野川めぐり観光舟